スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2011.06.08 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

カーンが、カーンが

yucco〜。
カーンが3位決定戦のGKだってさ
いろんな思いもあるだろうし、いろいろ言う人もいるだろうけど
ピッチに立ち、ゴールを守る姿を見られることはうれしいことだと思うんだけど、違うかな?


ようやく納品

さっき無事納品[:ふぅ〜ん:]

フランスvsポルトガルは、前半の半分はミュートにしてたので、
試合を見た時に、1−0になってて驚いた。
試合後、ジダンとフィーゴがユニフォームを交換して、
二人ともがそれを着たのには、感動したなぁ。
汗でびっしょりのユニフォームだろうに・・・友情だラブラブ

中田の引退は大ニュースで驚いた〜。
彼のサッカー姿をもう見られないのは残念だけれど、
彼はサッカー以外の才能も秀でてるし、
彼そのものがもうブランドだから、何やっても成功するだろうね。
彼のことは好きだし尊敬しているし、今後も応援するけれど、
あのその後のマスコミの騒ぎすぎが原因で、
私はだんだん冷めてきちゃったよ[:がく〜:]

夕飯作ってきます。



中田が・・・

引退だって。
nakata.netを読んでみたー。
はぁ、涙が出た。純粋な思いって・・・ほんと、素敵だ。
彼がピッチに立つ姿が見られないのは本当に寂しい
しかし、本人の決断なら・・・応援しましょう。

えっと、9月に行くという予定もあるんだけど、10月になるかもー。
また、決まったら連絡するねぇ


さて、サッカー

まなちゃん、体壊さないでよ〜。おいおい!だぜ
私はあの試合は、バーみたいなところで見ていたの。スポーツバーじゃないんだけど、麻布○番の雰囲気のよいところでさ。音がなく映像だけだったので、ぎゃーと騒ぐこと無く観てました。
PKって本当につらいよな。周りはなぜか、アルゼンチンファンが多く、ドイツを応援してる人はいなかった。私は客観的にみてた。

Yucco、確かにあのシーンは感動した。
私は、カーンのほうがずっと年上だと思っていたのだ。だから世代交代だと思い込んでいたけど、違ったんだね。じゃぁ。。そういう思いってあるだろうなー。そういうわだかまりを超えられてしまう、スポーツって本当に素敵だよね。

イングランドは、ポルトガルにずっと勝てない因縁の対決って言われていたからさ。なんとなく試合前から無理だとは思っていたんだ。ベッカムのしゃべり方(ちょっと、○カっぽすぎ)が苦手で駄目なんだけど・・。なんとなくEnglandが好き(しつこい!)だったからなぁ。ルーニーのレッドカードは確かにひどいと思ったけど、でも、彼も〜もう少し大人にならないとーと思うのは、大人目線過ぎるのかな!?

いずれにしても〜、ブラジルも終わってしまい、ラモスが怒っていたけどね
「後半は見る価値無くて、前半で寝た」といっていた。確かに精彩がなかったよね〜。
ということで、ヨーロッパ勢だけになったね!!

私好み=ちょっと王子っぽくて、まじめっぽそうで、頭よさそうに(見た目ね)見える人?? ちっ違うか(笑)
でも、前回は思わなかったんだけど、というよりむしろ、稲本がお気に入りだったんだけど、今回ばかりは中田ヒデがかなり、私の中でポイントアップした。彼って素敵♪(あほだな)
さぁ、1時過ぎたし寝ますわー


サッカー談義 ドイツ版

試合の放送が午前中〜日中にかけてだから、
強豪チームの試合が目白押しで仕事になりません。

話はもどるけど、ドイツvsアルゼンチン戦もすごかったね。
PKの前に、カーンがレーマンに歩み寄って話してたのを見て(見た?)、
勝利が決まった後、レーマンは抱きついてくる人たちに揉まれる中、
レーマンはカーンのところを目指して歩いて行き、
レーマンから抱き合ったところ、非常に感激しました。
カーンよ、レーマンよ、って目頭が熱くなった。

あの二人はね、練習中も一言もしゃべらず、
雰囲気はあまりよろしくなかったらしいの。
同じ年だし、どちらも正GKの座を狙うライバル同士、
どちらも勝負人だもんね、仲良くなんていかないと思う。
レーマン「何をしゃべろって言うんだよ」とマスコミに言ったり、
レーマン「俺には24歳の愛人はいない」と暴言を吐いたり、
(その後、言い過ぎたって謝ったそうだけれど。
 カーンには24歳の愛人がいるらしい。)
とにかく、そういう、雰囲気の悪い二人だったそうなの。
そんな二人だったから、あの二人の姿には感動しました。
スポーツっていいね(単純な私)。

カーンもさ、正GKの座をレーマンに奪われてから、
毎日いろんな気持ちの葛藤だったと思うんだよね。
カーンが不調の中、レーマンが良い成績を残していて、
いくら、今の監督がレーマンの愛娘の洗礼の際の後見人とはいえ、
そういう私的なことをすべて払拭してしまう、
レーマンの活躍であり、カーンの不調だったのだろうけれど、
それでもカーンだってプライドもあるだろうし、
4年前は、キャプテンで、凱旋帰国も皇帝って感じだったものね。
それが、今回のアルゼンチン戦でのカーンの取った行動は、
ドイツ人の間でも「オリ〜(愛称)」って感激だったそう。
良いものを見せてもらいました。

この辺にして、ではまた。



calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座